サウンドワールド ブログ

  • お役立ち情報
サウンドワールド ブログ | 2017年04月18日
998 views

“いつかはクラウン” ではなく、 “いつでもクラウン”的な・・・

・現状より、華やかに・・・ 、 ・あらゆるジャンルの音楽を聴くんです、 ・それと、、、

見た目は変えてほしくないんです。 3つのご要望を受け

クラウン スーパーライブサウンドシステム搭載車のスピーカー交換作業と

アイナリマシタ。

 

取り付けたのは、実績の多い カロッツェリア TS-V172A 。

個人的にも、このツィーター情報量は豊富でチタン製ということで

お気に入りです。

もちろん ハイグレードインナーバッフルとオリジナルデッドニングのコンビネーションも

織り交ぜていきます。

 

ダッシュボード内にツィーターを

ドアスピーカーも見た目変わらずに

見た目を変えたくない、、、のご要望はOK.

 

残り二つのご要望に応えるために・・・

仕上げの調整です。

現状より華やかに、 様々なジャンル、 んーっ??

しばし、考えてみた。

そこで、本日のお題目の いつかはクラウン ではなく いつでもクラウンに

結びつきました。 いつでもは、いわば どんな場面でもなんだろうな。 朝夕に関係なく

晴れの日も雨の日も、嬉しい時 楽しい時 悲しい時 つらい時

いつでもこの車で聴いていたい!  目指すはそこだ。 ← かなり気取っちゃってますけど。

数曲を聴き分けていき、調整終了。

 

お引渡しの際、 いつでもこのクラウンで楽しんでください と 願いをこめた一台と

なりました。

 

本日は、この辺で・・・

 

 

番外編

取り外した純正スピーカー

手に取ってみると、、、

さすがはクラウンの純正。他のモノと重厚感違いました。

おやーっ!?

この コーンエッジの形状は・・・・  似てる(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SNSでシェアする

  • Facebook
  • ツイート
サウンドワールド ブログ | 2017年04月18日
998 views

サウンドワールド ブログ 一覧

関連記事

PAGE TOP