群馬トヨタ群馬トヨタ自動車 伊勢崎つなとり店

  • 新車
  • U-Car
  • サービス

〒372-0812 群馬県伊勢崎市連取町3062 TEL:0270-26-5451 FAX:0270-21-3084

伊勢崎つなとり店 のブログ


  • 新型車情報
伊勢崎つなとり店 | 2023年11月29日
14,078 views

【2023年復刻】トヨタランドクルーザー70が再々販!ATになった新しいランクル70を徹底解説します!

みなさん、こんにちは!

ショールームスタッフの束田です🌸

 

 

 

本日2023年11月29日

トヨタ

ランドクルーザー70再々販が

発表となりました!!

 

 

 

 

どんな悪路でも走り抜ける

信頼性・耐久性・悪路走破性を追求し続け、

世界中の過酷な環境下でのニーズに応えてきた

トヨタが誇るオフローダーのランクルシリーズ。

 

 

その中でもランクル70は

ランクル40系の後継として1984年に登場して以来、

業務用途や過酷な環境での使用を

主体としたモデルとして

ヘビーデューティを貫いてきました。

 

 

2004年に一度国内販売を終了しましたが、

2014年に期間限定で再販。

 

 

そして本日2023年11月29日、

満を持して再々販となりました。

 

 

 

~ランドクルーザー70 車両概要~

 

 

【サイズ】

全長:4,890mm

全幅:1,870mm

全高:1,920mm

ホイールベース:2,730mm

フロントトレッド:1,555mm

リヤトレッド:1,460mm

最低地上高:200mm

 

 

【乗員定数】

5名

 

 

【総排気量】

2.754L

 

 

1ナンバーから3ナンバーへ

登録区分が変更されました。

 

 

【ボディカラー】

スーパーホワイト

 

 

アティチュードブラックマイカ

 

 

ベージュ

 

 

【価格】

メーカー希望小売価格4,800,000円(税込)

 

 

 

さて、こちらの新型ランドクルーザー70

進化したポイントは大きく4つに分けられます。

 
1.外装・内装
2.パワートレイン
3.走破性・操安性
4.安全性能

 

 

 

そこで本日は、

進化したランクル70を

外装・内装、パワートレイン、

走行性、安全性能

4つのポイントにわけて

徹底解説致します

 

 


 
1.外装・内装

 

早速ランドクルーザー70のデザインからご紹介!

 

 

今回発売となったランドクルーザー70のデザインは

水平・垂直基調で、ランクル70初期からのデザインを

継承しているのがポイントです。

 

 

フロントデザインから見ていきましょう!

 

 

なんといってもランドクルーザー70の特徴は

この丸目。

直径約200mmの円形デザインを採用し、

ヘリテージを継承しながらも

遠方まで照らせるよう機能性が向上した

この丸目ヘッドランプと、

その外側にギア形状に組み合わされた

LEDクリアランスランプ&LEDフォグランプが、

ランドクルーザー70の印象的な顔を継いだ

アイコニックなフロントフェイスを作り出しています。

 

 

丸目型Bi-BeamLEDヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)

+LEDクリアランスランプ(デイタイムランニングランプ)

 

 

バンパー埋込式LEDフロントフォグランプ

 

 

 

グリルは横一文字に水平に伸びるワイドグリルです。

 

ヘッドランプを一括りにした

立体感のあるブラックグリルは

70系初期型に由来する

3スロット冷却開口になっており、

無骨で堅牢な印象を与えています。

 

また、耐チップ性や頑丈さを考慮し、

格子グリルは厚みをプラス。

 

ヘッドランプを保護するガード形状になっており、

デザイン性と機能性の両立を叶えています。

 

 

グリル中央には

「TOYOTA」のロゴが配置されています。

 

 

フロントフェイスをキャビンの延長に納め

凝縮させることで、

フェンダーの張り出しを強調したデザインに。

力強い踏ん張り感を表現しています。

 

 

外側に張り出したフェンダーからは、

オフローダーらしい

圧倒的な安定感が伝わってきますね!

 

 

フロントバンパーは悪路走行を想定し、

万が一の修理・交換を容易にするため

完全独立型のバンパーを採用。

 

 

また、バンパーは障害物干渉に配慮して、両サイドが

外側に向かって切り上げられた形状をしています。

ここにも水平基調のデザインが取り入れられています👀

 

 

エンジンフードは立体感のあるデザインに

なっていますが、路面の見やすさを考慮し

中央部が低く設計されています。

 

 

見えにくい左前方の路面状況を把握するミラーも。

発進時またはごく低速時に、

左側車両側面を確認する際に役立ちます。

補助確認装置(2面鏡式)

 

 

サイドのデザインも同様です。

 

 

ランクル70系初期からの特徴である

ボディーから連続する水平的なキャラクターデザインを

継承しています。

 

 

また、再々版となるランクル70は

フェンダー下部を削ぎ落とすことで

岩などの干渉回避に寄与しています。

 

 

サイドステップはソリッド感のある

ブラックのステップです。

ボディ下部をフロントからサイド、

リヤまでブラックで統一することで、

足回りが引き締まった印象になっています。

アルミ製サイドステップ(ブラック)

 

 

高い面品質と剛性を備えたオーバーフェンダーは、

外側への大きな張り出しが

圧倒的存在感を出しています。

 

そしてフェンダーパネルには、

「LAND CRUISER」の車名を配置。

以前はに配置されていたランクル70の車名が

70初期型ぶりにフェンダーパネルに戻ってきました。

 

 

ドアミラーもオフローダーの

ランクル70ならではの仕様です。

頑丈な印象を与えるドアミラーは

オフロード走行時にブッシュをいかすことを

配慮した設計がなされています。

 

 

サイドから見ると、先ほどのフロントフェイスも

垂直に全面を向いているのがわかります。

この垂直さが骨太な印象を演出しています。

 

 

タイヤには剛健な足回りを演出する

16インチアルミホイールを採用。

265/70R16AT23タイヤ&16✕7Jアルミホイール(切削光輝+ブラック+マットクリア塗装/センターオーナメント付)

 

 

スペアタイヤキャリア&ロックナット付スペアタイヤ(車両装着タイヤ)&スペアホイールカバー

 

 

リヤビューはこちら。

 

 

リヤコンビネーションランプは

リヤバンパーに一体化させ、

シンプルなリヤビューを実現しています。

 

リヤバンパーは3分割構成になっており、

修理しやすさに貢献しています。

また、バンパー面に対してリヤコンビ部を

へこませることで保護性を高めています。

 

 

バンパー埋込式リヤコンビネーションランプ(テール&ストップランプ+ターンランプ+バックアップランプ)

 

 

リヤコーナーにはボディ同色の

ガーニッシュが装着されています。

このガーニッシュは、

ランクル40系のフロントフェンダーに配されていた

排気ルーバー形状をモチーフにデザインされたものです。

 

 

続いてランクル70の内装を見ていきましょう!

 

 

【室内サイズ】

室内長:1,760mm

室内幅:1,440mm

室内高:1,240mm

 

 

【インテリアカラー】

ブラック

室内には多彩な収納スペースが用意されています。

 

 

さらに、Type-Cタイプの充電用USB端子と

アクセサリーソケットを

センターロアパネルに新規設定

 

 

ステアリングホイール(本革巻き+木目調)

 

 

メーターは、ディスプレイ機能を新たに搭載しました。

ランクル40の記号性を感じさせるデザインでありながら、

視認性に優れたメーターに仕上げています。

オプティトロンメーター+4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ

 

 

シート表皮は、ソフトでしなやかな合成皮革と

弾力性があり心地良い肌触りの「ブランノーブ」というファブリック素材の

2種類の表皮を組み合わせ、

特別な質感と座り心地を両立させたシートを

全席に採用しています。

 

 

フロント・リヤ・クォーター・バックのドアトリムには

ブラックの合成皮革を採用し、

上質感ある空間に仕上げています。

 

 

インサイドドアハンドル

ハンドルレバーに金属調塗装を施すことで

こちらも上質さを演出しています。

 

 

リヤシートはベンチタイプだったものが、

今回の70から分割タイプに変わっています。

6:4で分割しているシートは、片方を座席として

もう片側は格納して長尺物の荷物を

積載するといった使い方が可能です。

 

 

 

ラゲージはタンブル機構になっています。

ワンタッチ機構が採用された結果、

簡易な1回のレバー操作でリヤシートを格納できます。

タンブル機構でリヤシートを折りたたんだ

 

 

ラゲージスペースの広さは

荷台長:1,355mm

荷台幅:1,440mm

荷台高:1,120mm

です。

 

 


 

2.パワートレインに2.8Lディーゼルエンジンと6ATを採用

 

再々販されたランドクルーザー70には

2.8L 1GD-FTVディーゼルエンジン

採用しています。

 

 

従来のガソリンエンジンから、

高い信頼性を誇る2.8L直噴ターボディーゼルエンジン

「1GD-FTV」へパワートレインを一新しました。

低回転域から力強い加速を発揮する

トルクフルなエンジンパフォーマンスにより、

過酷な環境下にも適応可能な悪路走破性を実現!

ディーゼルエンジンならではの

タフなオフロード性は確保しつつも、

低騒音性への配慮や燃費向上にも貢献しています。

 

 

さらに、

6速オートマチックトランスミッション

新規採用されました。

スーパーインテリジェント6速オートマチックトランスミッション<6 Super ECT>+シーケンシャルシフトマチック

 

 

スムーズな運転と操作性へのニーズに応えるため、

MTからATへと変更となりました。

小型・高効率・低燃費を両立させた

6連ギヤトレーンがエンジンの最適な回転域を

有効利用し、力強い走りと強力なエンジンブレーキを実現。

オフロード走行を支援します。

 

 

シーケンシャルシフトマチック(Mモード)

シフトをMに入れることで、

マニュアル感覚のシフトチェンジが可能です。

シフトレバーを操作するごとに1速ずつ変速し、

選択したギヤ段に設定されます。

70に相応しい力強い走破性と優れた制御性を実現しました。

 

 

燃費性能はWLTCモードの計測値で

10.1km/L

です。

 

 


 
3.優れたオフロード走破性・オンロードでの乗り心地追求

 

高剛性ラダーフレーム

 

歴代ランドクルーザーの強靱な骨格を支えてきた

伝統のラダーフレームを継承。

オフロード走破時に求められる

高い剛性や強度を確保するために、

通常の乗用車より遙かに厳しい基準を設け開発しています。

丈夫で耐久性にも優れたラダーフレームは、

オンロード走行時の安定性や快適な乗り心地の実現にも貢献。

強さと優しさを兼ね備えています。

 

 

フロント・リヤサスペンション

フロントには操舵安定性に優れた

コイルスプリングサスペンションを、

リヤには高い頑強性を持つリーフスプリングを用いた

リジットサスペンションを継続採用しています。

 

さらに、スプリングならびにアブソーバー減衰力をより最適化。

路面をとらえる優れた操舵安定性と、

路面の凹凸があっても振動の少ない快適な乗り心地を実現しました。

 

 

電動デフロック(フロント・リヤ)

車輪をスタックさせると、デフの働きによって

その車輪が空転し駆動力が伝達されず、

脱出が難しくなります。

デフをロックすることにより

反対側の車輪にも駆動力が伝わり脱出が可能となります。

電動デフロックは、スイッチ操作でリヤデフ、

またはリヤデフとフロントデフ両方をロックできる機構です。

 

 

路面の状況によって駆動方式を切り替えられる

パートタイム4WDシステムは継続採用。

滑りやすい路面で「H4」を選択すれば4輪駆動ならではの安定感を、

「L4」を選択すればより強力な駆動力を発揮します。

なお、2駆と4駆の切り替えは

トランスファーレバーで行うことができます。

 

 

前輪を自動的にロックし

4WDの走破性を存分に引き出せる

デュアルモードオートマチックロッキング

継続採用されています。

 

 

 

新型のランクル70から新規採用されたのは

VSC(ビークルスタビリティコントロール)

A-TRC(アクティブトラクションコントロール)

HAC(ヒルスタートアシストコントロール)

DAC(ダウンヒルアシストコントロール)

の4つの機能。

 

 

VSC(ビークルスタビリティコントロール)では

雨や雪で滑りやすい路面において横滑りが発生した際、

ブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールし

優れた車両安定性を実現します。

 

 

A-TRC(アクティブトラクションコントロール)では

雪道等のオフロードでスリップを検知すると、

空転した車輪にブレーキをかけ、

残りの車輪に駆動力を配分することで悪路でも

安定した走行を叶えます。

 

 

HAC(ヒルスタートアシストコントロール)

勾配で力を発揮します。

急な登り坂等で発進する際、

自動的にブレーキを制御することで

車両の後進をサポートします。

 

 

DAC(ダウンヒルアシストコントロール)

スイッチひとつで降板時の車速を低車速にキープして、

安定走行に寄与します。

 

 


 
4.安全性能

 

ランクル70再々販、最後のポイントは安全性能です。

 

再々販されたランクル70は

安全性能が大幅に向上しています。

 

 

まず、トヨタの予防安全機能パッケージである

TSS(Toyota Safety Sense)

全車標準搭載されています。

 

ミリ波レーダーと単眼カメラを用いて

衝突回避を支援します。

 

■プリクラッシュセーフティ…ぶつからないをサポート
■レーンディパーチャーアラート…はみ出さないをサポート
■オートマチックハイビーム…夜間の見やすさをサポート
■ロードサインアシスト…標識の見逃し防止をサポート
■発進遅れ告知機能…先行車・信号出遅れをサポート

 

 

また、レーダークルーズコントロールも搭載!

車間距離を一定に保って走行するのをアシストしてくれます。

 

 

さらに、

バックガイドモニター

ドライブスタートコントロール

新規採用されました。

 

 

①バックガイドモニター

車両後方の映像をインナーミラー内のディスプレイに表示し、

距離目安線で駐車時などの後退操作をサポートします。

 

②ドライブスタートコントロール

シフト操作時における急発進・急加速を抑制し、

衝突時の被害軽減をサポートします。

 

 


 

 

いかがでしたか?

 

新型ランドクルーザー70の特徴をまとめると

1.ランクル70初期型を継承し、

リペアビリティにも配慮した

デザイン性と機能性を兼ね備えた内外装

2.パワートレインに2.8Lディーゼルエンジンと

6ATを採用

3.悪路に負けない走破性・操安性

4.TSS標準装備の進化した安全性能

という4つがポイントになっていました。

 

 

世界中で愛されるオフローダー「70らしさ」は継承しながら、

時代とニーズに合わせて細部までアップグレードされ

より機能的になったランドクルーザー70。

 

 

伊勢崎つなとり店には

カタログのご用意がございますので、

ご興味のある方、

ランクル70再販を心待ちにしていらっしゃた方はぜひ

お気軽に当店へお越しくださいませ!

 

 

ランドクルーザー70について

詳しくはコチラもご覧ください☟

 

 

皆さまのご来店をスタッフ一同、

心よりお待ちしております。

 

 

 

伊勢崎つなとり店 公式ホームページはこちら

群馬トヨタ自動車 伊勢崎つなとり店

群馬県伊勢崎市連取町3062

営業時間:10:00~19:00

☎TEL:0270-26-5451

 

▽ 定休日 ▽

12/4(月)・11(月)・18(月)・25(月)

誠に勝手ながら12/29(金 )~1/4(木)まで
長期休みとなりますのでご了承ください。

 

\群馬トヨタ公式LINEアカウント/

友だち登録するとおトクがいっぱい!

@gunma_toyota でID検索✨

 

群馬トヨタ公式YouTubeチャンネル

チャンネル登録🔔・高評価👍

ぜひお願いいたします✨

 

SNSでシェアする

  • Facebook
  • ツイート
伊勢崎つなとり店 | 2023年11月29日
14,078 views

伊勢崎つなとり店 のブログ一覧

関連記事

Page
Top